>

捜査に必要な道具を集めよう

学校の費用を道具の購入代に回そう

独学してから、個人の事務所を開設して探偵の仕事を始めるのもいいと思います。
道具があれば、経験が少なくても捜査を進めることができます。
探偵は、浮気調査を依頼されることが多いです。
そんな時は発信器などの道具があれば、事務所を開設したばかりでもスムーズに調査が進むでしょう。

道具がないと、調査結果を出すまでに時間がかかります。
すると依頼人に請求する費用も高くなってしまいます。
浮気調査を依頼する人は、早く結果を知りたいと思っているはずです。
すばやく調査を終わらせることができるよう、道具を準備してから事務所を開設してください。
レンタルという方法もありますが、探偵の仕事で使うなら、自分のものを買った方がいいでしょう。

信頼を失わないために

10万円から20万円ほどあれば、探偵の調査に必要な道具を購入できます。
捜査が長引いたり、うまく結果が出ないと、依頼人は不信感を抱いてしまいます。
すぐに噂が広まって、依頼人が来なくなるので経営し続けることができません。
そんな事態にならないよう、道具を揃えてください。
独学をする際に、正しい道具の使い方も勉強しましょう。

道具だけあっても、知識を持っていなかったら使えません。
間違った使用方法では、正しい結果は出ないので注意してください。
依頼内容によって、使用するべき道具が異なります。
事前に勉強していれば、どんな依頼が来ても冷静に対応できるでしょう。
少しずつ経験を重ねて、さらに知識や技術を習得してください。


この記事をシェアする